自宅マンションを転勤のために一時的に賃貸に出すこととしました

不動産仲介で簡単に借り手が見つかる

マンション賃貸に出すマイホームを賃貸

その際には月々の返済代金や修繕積立金などを補える家賃設定にするということが条件でした。
立地条件が比較的恵まれているということ、築年数もそれほど経過しておらず3LDKという間取りの良さもあり、月々の返済額と積立金の合計である11万円を大きく上回る賃貸料で契約してもらえることができました。
素人では賃貸に出すというハードルが高かったので、地元の不動産業者に仲介を依頼したためにすぐに借り手が見つかったこともラッキーでした。
具体的には月々の賃貸料金が16万5千円という金額となりましたので、単純計算で1ヶ月に5万円プラスアルファ程度の利益、年間では60万円ほどの利益が出るという、思わぬ形での安定的な収入源を得ることができるようになったことに満足しています。
固定資産税を差し引いても、かなりのプラスとなりますので子供の進学や車のアップグレードなど、マンションに暮らしていた頃と比較すると、かなり余裕のある生活をできているということになります。
もっとも現在の住んでいる住宅は会社の社宅(マンション)ですが、東京都内よりも物件の広さに恵まれている新築のマンションで、住宅費用については9割が会社負担となっています。

会社移転で転居するはめにマンションどうすべき? : 不動産仲介で簡単に借り手が見つかる : 定期的な家賃収入は安定をもたらす