自宅マンションを転勤のために一時的に賃貸に出すこととしました

定期的な家賃収入は安定をもたらす

マンション賃貸に出す / マイホームを賃貸

会社移転で転居するはめにマンションどうすべき? : 不動産仲介で簡単に借り手が見つかる : 定期的な家賃収入は安定をもたらす

実質的には自分たちの家族が暮らすための住居費用はほとんど発生しないということになりますから、家賃収入がストレートに自宅の家計を潤してくれます。
実は売却をすることも一旦検討したのですが、一時的に大きな金額を得られるよりも定期的な家賃収入のほうが安定的であることに魅力を感じました。
諸経費を差し引いた純粋な家賃での利益は1年間で50万円ほどになります。
売却に際しての当時の見積価格が約2,500万円でしたので、20年間賃貸に出すことで総利益が1,000万円となり、その後1500万円以上で売ることができればトータル的にお得になります。
物件的にはファミリー層にとって魅力の高い地域で、駅徒歩圏であるために1,000万円以下には下がることは考えられないと判断してもらったため、長期的に賃貸に出すということ、いざとなった場合にはマンションを売却することなども検討事項とすることとしました。
この例は住宅の価値が下がりにく東京都内でもよく見られることでもありますが、より自分たちのライフスタイルに適合した間取りの広い快適な郊外に暮らすことによって、ゆとりのある生活を演出することができます。
引っ越ししなければいかないのに、賃貸に出すのは抵抗感があるという人もいますので、専門に運営している業者を選んで相談に訪れることがおすすめです。